【新作】ブラックホールを見た日 ~人類100年の挑戦~(予告)

現在制作中の新作番組の紹介です。

「ブラックホールを見た日 ~人類100年の挑戦~」(番組時間:25分/20分)


番組監修の本間希樹先生のインタビューから抜粋  

    ■番組説明
    アインシュタインの一般相対性理論から予言された謎の天体ブラックホール。
    その正体をつきとめようと奮闘してきた科学者たちの歩みとともに、
    ブラックホールを直接撮影するため世界の天文学者が挑戦してきた日々を紹介。
    監修にブラックホール撮影に携わった本間希樹先生を迎え、迫力の映像でお送りします。

    ■あらすじ
    2019年4月、ブラックホールの直接撮影の成功が発表されました。
    ブラックホールを撮影したのは、イベントホライズンテレスコープ。
    200名以上の世界中の科学者たちが、手を携えて世紀の撮影に挑んだのです。
    ブラックホールの謎に迫る100年の足跡とともに、世界8つの電波望遠鏡を連動させ、
    地球規模の電波望遠鏡を作り上げ実際に撮影するまでの様子を、
    私たちも追体験していく旅が始まります。
    目撃したブラックホールは、どんな姿をしていたのでしょうか?
    人類100年の挑戦の旅にでかけましょう。

    ■企画・製作
    ブラックホールを見た日製作委員会
     ・大阪市立科学館
     ・合同会社スターライトスタジオ
     ・株式会社五藤光学研究所
     協力:コスモプラネタリウム渋谷
     監修:国立天文台水沢VLBI観測所 所長 本間 希樹