【完成】「ブラックホールを見た日 ~人類100年の挑戦~」

「ブラックホールを見た日 ~人類100年の挑戦~」が完成!!
【番組ページ】にトレーラーや詳細情報をアップしました。
こちらからご覧ください。
http://www.starlightstudio.jp/?p=5918

 
現在、こちらで上映が開始されています。
お近くにお越しの際はぜひ足をお運び下さい。

 
大阪市立科学館様
https://www.sci-museum.jp/

コスモプラネタリウム渋谷様
https://www.shibu-cul.jp/planetarium

札幌市青少年科学館様
https://www.ssc.slp.or.jp/planetarium

重力パネルの更新

皆さまこんにちは、松島です。
まだ寒い日もありますが、次第に春の足音が聞こえてきました。

そんな3月、四日市市立博物館さまで、
「重力~宇宙を支配する謎のチカラ~(33分版)」を上映いただくにあたり、
以前製作した”重力パネル”を最新版へと更新しました!

2019年以降、ブラックホールの撮影成功・日本のKAGRA観測開始が追加されています。

サイズは横10m×縦90㎝と巨大なパネルとなっていて、
現物は6月6日まで四日市市立博物館様で見ることが出来ます。
お近くに行かれた際は、ぜひ足をお運びください。

 
四日市市立博物館様の情報はこちら。
https://www.city.yokkaichi.mie.jp/museum/museum.html

新年のご挨拶

皆さま、新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

昨年はコロナ禍のため、なかなか実際にお会できることができませんでした。
ですが、その中でもJPA大会やJGSSがオンラインで開催されたり、
打ち合わせなどもZOOMを使用したりと、
様々な新しい様式が取り入れられ、交流することができました。

まだまだ不安な時期が続くと思われますが、
2021年も皆さまに喜んでいただけるような映像制作をして参りますので、
どうぞ本年もスターライトスタジオを宜しくお願い申し上げます。

【予告】ブラックホールを見た日 ~人類100年の挑戦~※新作

現在制作中の新作番組の紹介です。

「ブラックホールを見た日 ~人類100年の挑戦~」(番組時間:25分/20分)


番組監修の本間希樹先生のインタビューから抜粋  

    ■番組説明
    アインシュタインの一般相対性理論から予言された謎の天体ブラックホール。
    その正体をつきとめようと奮闘してきた科学者たちの歩みとともに、
    ブラックホールを直接撮影するため世界の天文学者が挑戦してきた日々を紹介。
    監修にブラックホール撮影に携わった本間希樹先生を迎え、迫力の映像でお送りします。

    ■あらすじ
    2019年4月、ブラックホールの直接撮影の成功が発表されました。
    ブラックホールを撮影したのは、イベントホライズンテレスコープ。
    200名以上の世界中の科学者たちが、手を携えて世紀の撮影に挑んだのです。
    ブラックホールの謎に迫る100年の足跡とともに、世界8つの電波望遠鏡を連動させ、
    地球規模の電波望遠鏡を作り上げ実際に撮影するまでの様子を、
    私たちも追体験していく旅が始まります。
    目撃したブラックホールは、どんな姿をしていたのでしょうか?
    人類100年の挑戦の旅にでかけましょう。

    ■企画・製作
    ブラックホールを見た日製作委員会
     ・大阪市立科学館
     ・合同会社スターライトスタジオ
     ・株式会社五藤光学研究所
     協力:コスモプラネタリウム渋谷
     監修:国立天文台水沢VLBI観測所 所長 本間 希樹

【終了】JGSS 特設サイトへ