アポロ月面着陸50年を記念して「月世界」鋭意制作中!

来年のアポロ月面着陸50年を記念して、現在「月世界」を制作中です。
改めて月に着目してみたら、知らなかった意外な事実が!?
ドームで月面を再現し、月の世界を疑似体験できる迫力の作品です。

また記念番組として、2019年のみアポロの偉業を伝える内容をぎゅっとまとめた、
「月面着陸50年記念 特別短編」が付属しています。

一番身近な天体である月を存分に知ることのできる特別番組「月世界」。
2019年配給開始!

 

制作者より

6月のJPA福井大会で番組について発表した際には「アポロ11号の月面着陸から50年を記念した番組」と言う打ち出し方をしていたのですが、その後、方向性を再度検討しなおして、次のような形で現在制作を進めているところです。

・アポロ月面着陸50年記念については、本編と切り離した短編扱いとする

・本編は、実際に月面に降り立ったなら、そこはどういう世界なのか?をプラネタリウム演出を駆使して「月の世界」を体験できるような番組とする

・2019年は短編+本編でのセットで提供し、2020年からは本編の増強版のみとする

これに伴い、短編部分は文字通り「アポロ月面着陸50年記念番組」、本編は「月世界」となります。

 

以下に掲示した写真の書籍は、今回の制作用に参考にしている資料の一部です。

当初アポロをメインにした番組を考えていたので当時の特集号等もあります。
それら、当時のアポロ8号や11号の特集誌を読むと、このミッションは本当に冒険または挑戦以外の何者でもないなぁと実感します。残念ながら短編ではそこまで突っ込んだ内容を取り上げることはできないのですが……。

参考までに予告編をアップしました。あくまでイメージ映像です。なお、予告編内では、短編部分5分・本編20分としてありますが、現状としては短編7分・本編23分の見込みです。

 


※JGSS公開版
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
時間:約23分+短編7分(予定)
対象:小学生低学年~一般
ジャンル :サイエンス、月
ナレーション:未定
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

湘南台文化センターこども館様の番組を制作させていただきました。

こんにちは、松島です。
今回、初めて湘南台文化センターこども館様の番組を、
スターライトスタジオで制作させていただきましたのでご報告です。

タイトルは「夜空が暗いはずはない!?オルバースのパラドックス」。
星がたくさん散らばっているなら、夜空は明るく輝くはずなのに・・・と、
一度は頭をよぎる疑問に迫る番組です。

ナレーションをあの…あの若本規夫さんにお願いすることができ、
難しい内容ながら引き込まれる番組となりました。
(若本さんの”ビックバン”というセリフは心臓に響くので必見!!)

2018年11月17日(土)~2019年3月10日(日) まで上映しておりますので、
お近くまで足を運ばれることがありましたら、ぜひお立ち寄りください。

藤沢市湘南台文化センターこども館
http://www.kodomokan.jp/index.html

【ナレーション】若本規夫
【シナリオ】中村有紀(湘南台文化センターこども館)
【音響】株式会社スタジオ・アーム
【協力】株式会社シグマ・セブン
【制作】合同会社スターライトスタジオ

JGSSで「ユニバーサル・ヒーリング」初上映しました。

こんにちは、松島です。

先週11月12日から3日間、
府中市郷土の森博物館様でJGSSフィルムフェスティバル2018が開催されました。

もちろんスターライトスタジオもブース参加をさせていただき、
今回は新作「ユニバーサル・ヒーリング 美しき惑星」と、
アポロ月面着陸50年記念番組として「月世界」のトレーラーを上映いたしました。

「ユニバーサル・ヒーリング」のフル映像をドームで見るのは初めてだったのですが、
もう・・・(≧▽≦)!!!!
ぼーっときれいな映像を眺めながら、耳からは音楽のみ入ってくる・・・
それだけなのに、何とも言えない至福の時間でした。

頂いた感想としては、やはり「途中で記憶がなくなった」が第一位で、
「悪魔のような番組ですね」とか、「映像がめちゃくちゃきれいだった」、
クリエイターの方々からは「映像が気になって眠れなかった」とか、
「次に何の惑星がくるのか気になって…」等々(笑)。
あとは、トレーラーのみだったにもかかわらず、
「月世界」の完成を楽しみに待ってくださる方がたくさんいらっしゃいました。

皆様ありがとうございます!
長時間続くJGSSの中、つかの間の癒しをお届けできていたら幸いです。

「ユニバーサル・ヒーリング」「月世界」の番組ページも、
後日アップしていけたらと思いますので、
もし興味をお持ちいただけたら、ぜひぜひご覧ください。

お世話になった関係者の皆様、府中市郷土の森博物館の皆様、ありがとうございました。
そして参加者の皆さまお疲れ様でした。

ギャラクシティ様で「アルマ~ボクのみつけた願い事~」上映決定!

こんにちは松島です、毎日暑いですね…。
1年で忙しい時期が一番長いこの8月、
体調第一で、無理せず涼しくお過ごしください。

さて、そんな中またまた嬉しいお知らせです!
この秋より「アルマ~ボクのみつけた願い事~」が、
ギャラクシティ様で上映されることとなりました!!

初☆関東上映とのことで、とても嬉しいです(*^-^*)
小さなお客様に少しでも楽しんでもらえますように。

上映は9月1日からなので、大きなお客様もぜひ足をお運びください。
投影スケジュール等、詳しくはこちらをご覧ください。
ギャラクシティ様HP→http://www.galaxcity.jp/

そして、原案者であるみのお様が、夏の祭典”コミックマーケット94”に出展されます。
「アルマ」の原作絵本やポストカード、その他素敵な作品も多数あるとのこと。
こちらもぜひぜひよろしくお願いします!
★日にちと場所:8月12日(日)東京ビックサイト【西か17a】

佐世保市少年科学館『星きらり』で「重力の秘密」を上映

皆様、こんにちは。
今年は連日猛暑続きですが、お変わりありませんでしょうか。

さて、8月になりましたが、嬉しいニュースをお伝えいたします。

7月21日から佐世保市少年科学館『星きらり』の科学番組として
「重力の秘密 ~宇宙を支配する謎のチカラ~」の上映が始まりました。
*「重力の秘密」は番組「重力」の別タイトル版となります。

◆番組の上映情報
期間:平成30年7月21日(土)~

夏休み期間は、土曜と平日(火曜を除く)が14:00開始の一日1回、
日曜が10:10開始、14:00開始の1日2回上映となっています。

是非、佐世保市少年科学館『星きらり』へお出かけください。

佐世保市少年科学館『星きらり』のHPはこちら
https://www.city.sasebo.lg.jp/kyouiku/syonen/kagakukan/index.html

 

話は海外に飛びますが、「重力」の英語版「Gravity revealed」が
2016年末~現在までに米国の2箇所のプラネタリウム施設に於いて上映されています。
嬉しい話ですが、海外の配給会社から最近になりようやく上映報告がありました(遅い!)。
米国だけでなく世界の多くの国で上映してもらいたい作品です。