Snowflake ~雪は天からの手紙~

番組タイトル: 「Snowflake~雪は天からの手紙」

対象: 一般

再生時間: 本編24分

ジャンル: サイエンスノンフィクション

地球が生まれて40億年、 これまでいくつの雪が地表に降り立ったのでしょう。私たち一人一人が違うように、雪にも同じ形はひとつもありません。この番組は、プラネタリウム番組として世界で初めて、 雪の結晶ができていく様子や、降雪に至るプロセスを映像化しました。太古の昔から身近にあり、人を苦しめることもある一方で、 ときには、息を呑むほどの美しさをたたえてきた雪。
その雪の魅力と成り立ちの不思議を、科学的側面と美的な側面の両面から アプローチした番組です。

ドーム空間ならではの雪を体感してください

凍てつくような寒さの中、気がつくとそこかしこに雪が降っている。空を見上げていると、雪が降っているというより 自分が空へ吸い込まれているのではないか…、そんな風に感じたことはありませんか? 番組では、CG映像を駆使し、降雪シーンのシュミレーションを重ね、ドーム空間ならではの雪の疑似体験を可能にしました。 あなたの思い出の中にある、雪に出会えるかもしれません。

雪に魅入られた先人たち

人は昔から気づいていました。 雪には不思議な形があると。手や三日月の形など、現実にはない雪の結晶を描いた16世紀ヨーロッパの記録。江戸時代には、舶来の顕微鏡で雪を観察し、大著を記したお殿様もいました。写真の技術が発達してくると、驚くほど多様な雪の姿が明らかになってきました。そして私たちは先人の遺産を受け継ぎ、さらに3DCGという新たな表現方法を用いて、雪と人の歴史を、ひも解きます。

雪雲の中では、何が起きている?

地球の上空を漂う雪雲たち。 彼らが大量の雪を降らせるのは、一体どんな時なのでしょう。雲の粒ひとつひとつが見えるくらいちいさくなった気持ちで、雪雲の中に入り込み、雪結晶が育つ現場を旅します。 水蒸気を吸い込み、枝を伸ばしていく結晶や、
ちょっとした湿度の違いで、あられへと変わっていく結晶もあります。粒同志がぶつかってだるま化するときもあります。ひとつとして同じもののない、雪の成長と旅立ちまでを描きます。

夜空に舞う氷の造形

雪雲の中で育った結晶は、 いよいよ地上に向かって落下していきます。ある雪は木の枝に、またある雪は、屋根に、 車や人に踏まれてしまう雪もあります。何億、何百億分の1の確率で私を見つけ、 手のひらに降りてくれた雪! あなたとの出会いに感謝します。

雪は天からの手紙

現在、雪の形は、通り抜ける雲の気温と水蒸気の量によって決まることが わかっています。そして、定規で描いたわけでもないのに、 雪の結晶の基本はいつも、六角形。 科学者たちの着実な歩みで、 より、多くのことがわかったきました。「雪は天から送られた手紙である」という名言とともに生まれた、 雪のダイヤグラムは、科学の不思議が生んだ、究極の美ともいえます。